Business 事業内容

事業内容 1.

募 集

当財団は現在ジャワ島中部都市のスマラン(HEAD OFFICE)と首都ジャカルタに拠点を置いています。
既に多くの就労希望者の登録がありますが、さらにジャワ島を中心としたインドネシア全土において人材の募集が可能です。
当財団Webサイト、インドネシア労働省運営の「jobsinfo」「Ayo Kita Kerja」等による求人情報の発信、
また現地の大学・専門学校・高校などでの日本語教育やセミナーを通じ、
受入企業様に代わり無償にて就労希望者の募集を行っております。

事業内容 2.

教 育

当財団では、「資格試験対策」「就労開始後の日本語教育」「受入企業様による事前教育の支援」の3つを教育の柱とし、インドネシア人就労機会拡大となるべく活動を進めております。

■資格試験対策

特定技能VISAを取得するためには、過去に技能実習生を修了(評価調書を取得等)している場合を除き、いくつかの要件が求められます。また介護等の新たな分野については技能テストや分野独自の日本語能力テストを受けなければならない場合があり、インドネシア人就労促進のため、当財団で各資格試験合格(技能資格・日本語スキルテスト)を目的とした支援・教育を地元大学等とも協力し行っております。

■就労開始後の日本語教育

特定技能外国人Ⅰ号外国人についての受入にあたっては、特定技能外国人所属機関に支援体制の構築が義務付けられております。
その支援内容の一つに、特定技能外国人の日本語学習継続の為の「日本語教育機会の提供」があります。
当財団では、就労開始後の特定技能外国人に対しても、より実践的な日本語の教育をオンラインで行っております。
(¥5,000-/月 ※当財団は、日本語オンライン教育および在イ日本企業様からのご支援により活動を行っております。)

■受入企業様による事前教育の支援

採用された特定技能就労者が本当の意味での「優秀な人材」「即戦力となる人材」となるよう、内定後の就労前にインドネシア現地にて企業様独自の研修/教育を行える機会を提供しております。

事業内容 3.

紹 介

当財団には既に多数の就労希望者が登録されていますが、さらに新たな募集を継続しています。
これにより採用を希望される企業様のご要望にマッチした人材をご紹介する事ができております。
1人でも多くのインドネシア人の日本就労を実現すべく、紹介にかかる費用はいっさい頂いておりません。

内定後、査証申請に必要な現地手続きは実費にて支援させて頂いております。
また日本支所、登録支援機関JIRA(登20‐003882)との連携により、就労開始後の支援までワンストップでの支援が可能です。

philosophy フィロソフィー

2億7,000万⼈を超える⼈⼝を有し、毎年⾼い経済成⻑をみせているインドネシアですが、その⼀⽅で貧富の格差は拡⼤しております。
国⺠の平均所得は1ヶ⽉3万円程度、地⽅では1万円以下の⽣活者も多数おり、また中間層以下の失業率は極めて⾼いなど⼈⼝の8割以上は貧困層とも⾔われております。

貧困層の⼦供たちは⼗分な教育を受けることができる環境にはありません。
しかしながら、「インドネシア⼈の⽇本語学習者数は世界でもトップクラス」であるなど彼らの学習に対する意欲は決して低いものではありません。
また「⽇本への憧れは強く、夢と希望をもって」学んでおります。

当財団では、経済格差による教育格差を解消する為、学習機会を提供し「⼈材の育成」「就労機会の提供/拡⼤」「起業⽀援」などを通じ彼らの⽣活向上の⼀助となるべく活動を進めてまいります。

私どもは、インドネシア・⽇本両国の「懸け橋となるような⼈材を育成」し、「⽇本への優秀な労働⼒の供給」を⾏う事で「インドネシア⼈の⽣活向上」、「⽇本の労働⼒不⾜解消」の⼀助となり両国の発展に寄与したいと考えております。

当財団の活動にご理解いただき、インドネシア⼈の採⽤をご検討頂ければ幸いです。

インドネシア財団法⼈JIRA
代表理事 Mahmud Tashidiq
理事 ⼤坪央治
(⽇本⽀所責任者/株式会社JIRA代表)

理事 Dani Muhtada
(スマラン国⽴⼤学教授)

理事 Alfu Mahar Syarofi