新たな在留資格 特定技能

特定技能とは2019年4月より導入された新しい在留資格です。
これまでは外国人への就労の為の在留資格は教授、医療など専門的・技術的分野に該当する職業に制限されており、いわゆる単純労働分野での就労ビザの取得は原則不可能でした。
しかしながら、現在の日本における深刻な労働力不足は、外国人の受入なくして解消されるものではなく、より深刻とされている14業種については、いわゆる単純労働での受入が可能となり、
5年間で約34万5000人の外国人労働者の受け入れを見込んでます。

※制度説明(在留管理庁)
http://www.moj.go.jp/content/001293198.pdf